プロフェッショナル!

アート, 気づきを頂きました☆

こんにちは。
学習塾「コウル」の鶴田淑子です。

秋です。
季節も関係しているのか。
鶴田、またもや悩みのスイッチが入っております。
一旦考え始めると、
自分なりの答えが見つかるまで、
ピンとくるまで、
とことん考えてしまう性分故、
何かしている以外の時間はずっと考えてます。
はい、毎日が「手探り」の毎日です。

「生きてるってこういうことなんだろうな。」

自分なりの答えが見つかるまでの果てしない旅。

はい!
ということで、
鶴田は週の初め、吸収そして行動する旅に出ました。

今後のコウルの在り方。
鶴田先生の在り方。

モーゼの十戒のような
海が割れるような
はっきりとした未来の姿を模索して。

はい!
まずは飛行機で移動するときに。
知人の飲食店オーナーとばったり!
人材教育の話になりました。

「がんばってる子には一生懸命教えたくなるよね。
やる気が感られなかったり、
がんばってない子には
こっちもさ、一生懸命教えることなんてできない。
そういう意味で不平等さって大事だと思う。」

この言葉で春から悩んでいたことがぶっ飛びました。

不平等。
不平等さに潜んでるものって
早く気がついて!の合図。
あなた、いいもの持ってるのに、どうして行動しないの!の合図。

でも
その不平等が示す合図に気が付くことなく
あのこには××で
私には…!
世の中不平等だ!と思ってしまう人が
この世には存在します。

教育という観点での不平等。
教える側から見て
教わる側にパッションがちょっとでも感じられないとすると
その人は教えを受ける資格はない。

という一つの気づきを
空港ロビーで私は手にしました。
いやいや平等じゃなきゃダメだ!
という方もいらっしゃるかもしれませんが、
私はこちらの方がしっくりきます。
最初からパンチ強かったな。
偶然に感謝。

さて、
東京に着きまして
鶴田が向かたのは渋谷のヒカリエ。
共創体験。
9/10まで開催されているチームラボジャングル 「学ぶ!未来の遊園地」へ!

たいそう興奮しました。
見たことのない、触れたことのない世界に身を置くと、
年齢なんて関係なくて、
体中からあふれ出てくる得体のしれないワクワク感に溺れてしまいそう!!
大人だけの空間でみんな夢中になってワクワクドキドキしている姿を
私はこの目に焼き付けてきました。
大人は「大きなこども」!

さて、次は毎年恒例の自由学園明日館への訪問。

私は自由学園を創設した羽仁夫妻の教育理念に感銘を受け、
「生活即教育」の精神でもって日々、仕事に当たっております。

「子ども自身の中から自ら学ぶ意欲を引き出したい。
覚えるだけの死んだ知識ではなく人生を豊かにする生きた知識を与えたい。
教室や机の上での学びにとどまらず、この生活を、豊かな自然を、社会のすべてを、生きた学びの場にしていきたい―。
このような願いに基づき、自由学園では創立以来、「生活即教育」という理念のもと、独自の学びを実践してきました。」

※自由学園HPより引用のこと。

このような場、空間を私は酒田に創りたいと思っています。
明日館へ毎年足を運ぶのは、自分の中心を確認するため。
今回もパワーと勇気をたっぷり頂いて帰ってきました。
ありがとう!
明日館。
今日からまたがんばるぞ!おー!

はい!
続きまして美容の世界の表現者たちのもとへ。
「,et」のセミナーへ。

色、かたち。
デザインの過程。
人材教育。
古典芸能の世界。

美容の世界だけではなく、
今回の出張では津軽三味線奏者の久保田祐司さんのお話や
日本の眼鏡業界を牽引されていらっしゃる
デザイナーの方々のお話を伺うこともできました。

今回の旅で一貫して感じ取れたことは
全く畑は違えど、
プロフェッショナルの方々の
思考の先にあるものって
根っこの部分はおんなじなのだなということです。

たくさん感じたら
行動に移す。
これが大事!

ということで
私がこどもたちに伝えていきたいことは

学歴だけがあなたの価値を決める材料ではないのよ。
自分の人生は自分のもの。
お父さんやお母さんのものではないのよ。
自分で責任を背負って、
自分の生きたい道を歩みなさい。

ということ。

これからこれを
どんな形でみんなに伝わるように
伝えていけるのか。
表現していけるか。
自分にとてもわくわくしています。

高校生。
果てのない本気度で臨むと
バブリーノラちゃんも芸術に!
私もパッションでもってこんな風に真剣に踊りたい!

アート, 気づきを頂きました☆