3歳が抱いた不思議

お子様のサイン, アートで創造性の種をまく

【どうして音がなるの?】

いつも聞いている英語のCD。

3歳の彼は
今日、どうしてCDから音がなるのか?という不思議に出会いました。
私はプレイヤーからCDを取り出してみました。

すると彼はCDを自分の耳に当て始めました。

(鶴田)「どんな音がする?」

(S) 「おと しないよ!」

するとプレイヤーのCDを戻し、流れてくる音聞きながらじっとCDを見つめています。

(S)「よしこせんせい!ほらみて!まわってるよ!まわると おとが でるのかな?」

ふたたび彼はプレイヤーかたCDを取り出し、自分の耳に当てながら、CDを回し始めました。

(S)「あ!ちょっとだけ おとがする!」

 

…続…

//////////////////////////////////

今日のSくんの姿を見て

私はレッジョエミリアアプローチについて学ぶ勉強会で見た2枚の写真のことを思い出しました。

 

生後10ヶ月のルチアくんと保育者。

 

雑誌の時計のページに興味を示したルチアくんが、写真を指さして保育者に何かを問いかけます。

ルチアくんの興味に気がついた保育者が

自分の腕時計をルチアくんに見せます。

するとルチアくんは、

本物の腕時計にも興味を示します。

 

保育者は、自分の腕時計を

ルチアくんの耳元に当てて、音を聞かせてみらところ

ルチアくんは「時計はカチカチ音がする」ことを発見したのか、目を大きく見開いて音を聞いています。

ここでルチアくんは、

「写真の時計も音がするのかな?」

と思ったのか、

写真の中の腕時計にも耳を当てはじめていきます。

 

//////////////////////////////////

コウルは

こどもは可能性豊かで、

有能で、

力強く、

大人や他の子どもたちとの結びつきの中で生きる

主体的存在であると捉えています。

 

ルチアくんの保育者のように

①子どもの好奇心や探求心を察知し、

子どもが投げかけてきたコミュニケーションをキャッチしていくこと。

そして

② こうするとどうなる?という新しい問い、

つまりは知的探求活動を生みだすために、

意味のある応答を子供に投げ返していく。

 

この2点に留意しながら

生徒と共に過ごしています。

 

この基本姿勢は幼児に接する時に限らず、

小学生でも中学生でも高校生でも

同じ姿勢です。

 

大人が子供のサインをしっかりキャッチし、そこに反応していくことで

信頼関係の構築にもつながっていきます。

 

教え子たちの可能性の芽を

摘み取ることなく、

一緒に育てていく。

 

そんな空間がコウルです。

 

 

 

お子様のサイン, アートで創造性の種をまく