10年後を考えてください。

未分類

今年も春がやってきました!

コウルでは新しいICTルームが完成し、通称ロボよしこがみんなのお勉強のお供となっております。

先日、昨年入塾した塾生たちの1年を振り返る時間を作りました。

教え子たちの胸の小箱。

おかあさんの胸の小箱。

小箱から溢れてきた、

学校や家庭での不安、

子育ての悩み、

そこに向けてどんなアドバイス送ったか、

起こった事件(?!)と経過などなど。

 

記録しておいた1年分の資料を読み返しながら、

共に重ねてきた時の濃さと重さを

しっかり感じました。

 

 

お母さんたちの悩みは大体が

「この選択をして子どもが失敗するのではないか。」というものが主です。

どんなときも私はこうお返しします。

「お子さんの10年後を考えましょう。」

「お母さんはお子さんからどんな大人になってもらいたいですか?」

「自分で道を開拓していける大人と、

人から言われたことしかできない大人。どちらがいいですか?」

 

私から見た答えはひとつ。

“子供の考えて決断した選択が

最良で最善である。”ということ。

 

 

失敗かどうかは本人が決めることです。

おかあさんは

もしお子さんが転んでしまったときに

お子さんが自分で立ち上がるまでじっと待つこと。

そしてどんな選択をしても

「あなたの決めたことなら、思いっきりやってみなさい!お母さん応援するよ!」という

どどーんと懐深く構えた

心強い応援団になること。

 

こんな応援団がいたら

お子さんは目の輝きを取り戻しますね。

だって

お母さんに信じてもらえているのだから。

信じてもらえているという安心感。

これは子供にとってはお守りなのです。

 

未分類