こころの栄養を満たす

アートで創造性の種をまく

 

こんにちは!

コウルの鶴田淑子です。

実は大学時代、学芸員になるためのお勉強をしていた私。

新学期に入るまでバタバタしていて、栄養が必要だ!と身体と心が直談判してくるので、急遽東京へ向かいアートと向き合ってきました。

 

まずは表参道のエスパル ルイ・ヴィトン東京で開催されているDan Flavinによる作品展。

アメリカのミニマリズム美術家のダン・フレイヴィンは芸術媒体として「光」を使うアーティスト。

今回はパリのルイ・ヴィトンに所蔵されている直管蛍光管の作品、7作品が展示されております。

Danから「鶴田!光であれ!」と言われている感覚を覚えました。

Danよ、ありがとう。

世に光を放つ存在になろう。

後光!!!合掌!!

 

さて続いては

 

ワタリウム美術館

青山にあるワタリウム美術館へ!坂本龍一設置音楽展「Ruichi Sakamoto Async」☆

8年ぶりとなるニューアルバムに収められた音楽と3人のコラボレーターが手がける映像や空間作品。

「良質な環境で音楽に向き合う」という思い。

音楽、空間、映像。

 

何をするにも環境は大切。

音の豊かさ、空間の豊かさ

私は4Fの展示空間に心打たれました。

 

椅子に座って

「私はどう感じるか?」

目を瞑って音を聴いていると頭の中に自分の映像があらわれます。

どんなイメージ?

自然と頭に浮かんでくるものを、とことん味わって、おうおう!こんな展開になるのね〜?!と自分の感性に驚いたり!

アートと向き合い、

自分と向き合う。

こんな時間が私にとっては必須なのであります!!

 

アートで創造性の種をまく